ほめて育てる

2014.09.28 Sunday

0
    「超潜入リアルスコープ、我が子の才能を伸ばす学校潜入SP」
    という番組で、

    内村航平さんのお母さん、周子さんの子育てにスポットがあてられていました。
    今は、その子育ての方法で、自身が経営されている体操教室の子供達の才能を開花させるべく尽力されているそうです。

    中学3年生の息子と夕ご飯を食べながら見ていました。

    すご〜い!!天才!!
    とにかく褒める。褒めちぎっている周子さん。

    良い所を褒めて、その気にさせて長所を更に伸ばす事で、短所を引き上げるのだそうです。

    じ〜とTVに食いついて見ている息子。
    そういえば、私は最近小言が多いな〜。(言われるような事をしている・・。)

    試しに、「お母さんもこれから、いい所を褒めちぎるかな?」
    と言ってみると、
    まさかの「うん。そうして。」

    そっか。もっと褒めて欲しかったんだ。
    まだまだ子供なんだね〜。

    じゃあこれからは褒めちぎるから、その代わりに、、、と
    日頃より気になっている事を気をつけるように、取り付けてみる。

    「うん。」と以外にも素直。

    褒めると約束しただけで、実際にはまだ褒めてもいないのに、
    恐るべき効果!周子さん、、さすがです。(笑)

    ほめて育てる。
    忙しいから後でと言わずに、こどもの希望を叶える。
    松浦弥太郎さんも、そういえば、こんな事を著書に書かれていた。
    小さな子供は、そんな風にいつも希望が叶えられると、
    心が満たされて、逆に子育てが楽になるといった内容だったと思う。

    中学3年生の子供はもはや手遅れかもしれないけれど、
    褒める事を、心がけてみようと思います。

    ・・・これは、私自身との戦いになりそう・・・。
    怒りたくなる事をするような気がする。
    頑張れ・・私(笑)

    小さなお子様のいらっしゃるお母さんは、毎日が大変!

    褒める子育てをしてる方がいらしたら、その効果の程を聞いてみたいな。


    疲れたら、キャンドルの灯りも良いですよ。
    1/fの揺らぎは、心の安定に良いのです!
    時には、自分の時間も大切ですね。


      Instagram  

    ホームページはこちらから → アロマテラピーサロンilo
    Facebookはこちらから  →  Facebook



     ア ロ マ サ ロ ン        いつもありがとうございます。


     
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL