心と身体は繋がっています

2015.09.07 Monday

0
    アロマテラピーの「基本のき」最終回(笑)

    アロマトリートメントと、アロマを使用しないオイルトリートメントの何が違うのか解らない人が多いと言われて
    書き始めたアロマテラピー「基本のき」

    改めて書いてみて、私自身も、とても勉強になりました。

    さて、最後のお話は

    心が元気で体だけが辛い。

    又は、体は元気で心だけが辛い。

    そうゆうことって、あるのかどうか、
    私のことを例にとってお話ししてみたいと思います。

    私は昔から体力が無いと言われ続けていて、
    子供の頃は、そんな私を心配した母がいろんな健康食品的なものを買ってきては飲まされていたという記憶があります。

    自分自身でもそれは感じていて、
    大人になってからも、
    とにかく寝ないと体が持たない。
    寝ても疲れが取れない。
    やりたいことは沢山あるのだけれど、体が辛いから気力が湧かない。
    もどかし〜〜!!

    そんな感じでした。

    つまり、心は元気!やる気に満ち溢れている。
    体さえ楽になれば、もっと人生が楽しいのに!
    と、以前は思っていました。

    私の体はいつもコリコリ、カチカチで、マッサージなどでほぐしてもらっても
    すぐに又、辛くなります。

    今でもそうなのですけれどね、でも、考えが変わりました。

    私の体の硬さは、心の硬さかな?と思うようになりました。
    やるからにはちゃんとやりたい。
    きちんと、完璧に!
    私の思考のくせです。

    どうでしょう?
    ゆるみが少ないですよね(笑)

    良し!やるぞ!
    と、声に出して2回言ってみて欲しいのですが、
    1回目は、背筋をピンと伸ばして、拳に力を入れて、良し!やるぞ〜〜!
    2回目は、だら〜〜んと脱力して、良しやるぞ〜
    どうでしょうか?
    2回目のやるぞは、笑っちゃう位、やらないよね(笑)という感じではないですか?

    悩んでいるんです。。。
    って言う時も、背筋をぴーーんと伸ばして言う人は、あんまりいないのではないかと思います。

    心と体は繋がっています。

    でもね、
    私のように、体が硬い=思考が硬い=悪いこと
    ではないのです。
    短所は長所の裏返し。
    私の場合は、まじめに取り組むという良い面の裏返し。

    そして、そんな時には、精油の香りで気持ちを緩めて
    そんな自分を丸ごと受け入れてあげて欲しいと思います。

    私と精油との出会いも、まさにそんな時です。

    社会人になって、みなさん経験することなのかな?と思うのですが、
    正しいの基準が学生の頃と違うことって、ありますよね。
    例えば、上司の言うことは絶対とかね!

    私も、そんな理不尽なことに沢山翻弄されて、
    どう理解したらよいかわからない。と心が痛んでいた時に
    雑貨店で出会った精油が、サンダルウッド。
    その香りに心が奪われ、買って帰ったのが出会いです。

    サンダルウッドは、
    頭でばかり考えてしまう時や、自分自身の内面を見つめ直したい時、
    心と身体を統合し、魂・生命体としての自分自身をとりもどさせてくれます。
    心の奥に静寂と沈静をもたらす、甘くて深い香りです。

    当時の私は、精油のことなど何も知りませんでしたから、
    本能でこの香りを必要としていたのですね。
    精油って本当に素晴らしい!

    この精油の瓶は、今でもお守りとして、サロンに置いてあります。



    こんな風に、精油の香りは、心の部分にも働きかけます。
    「基本のき」で、何度も書いていますが、
    気のせいではなく、確かに届くのです。

    そんな精油の素晴らしい作用も一緒に感じられるのが、アロマテラピーなのです。

    アロマテラピートリートメントは、香りに包まれて、夢のようなひと時を過ごすことができます。

    ぜひ、体験してみてほしいな。と思います!

    アロマテラピーサロンilo
    これからもどうぞよろしくお願いいたします!!


      Instagram  

    ホームページはこちらから → アロマテラピーサロンilo
    Facebookはこちらから  →  Facebook


     ありがとうございます


     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL