アロマテラピーって何?

2015.08.26 Wednesday

0
    先日、アロマテラピートリートメントが他のオイルトリートメントと
    何が違うのか良く解らないという方が、まだまだ多いというお話を聞きました。

    アロマテラピーの「基本のき」みたいなブログをそういえば書いたことがなかったな〜と思い、
    色々な方がすでに書かれているとは思いますが、
    私も書いてみようかな?と思います。

    アロマテラピーとは、アロマ=芳香、テラピー=療法で、芳香療法という意味です。
    アロマテラピーは古くから伝わる療法なのです。

    アロマテラピーでは、精油という植物から香り成分だけを抽出した液体を使います。
    精油は、良い香りがするだけではなく、

    *心に働きかける作用

    *体に働きかける作用

    *お肌に働きかける作用


    など、一つの精油が、色々な作用を併せ持ち、精油によって作用も異なります。
    ですから、良い香りがするだけではなく、私たちの心や体の何らかの不調などに対して
    穏やかに整えたり、不調にならないように予防するといったことに役立つのです。

    iloでは、施術に使用する精油は3〜5種類をブレンドさせていただいております。
    お客様のお話をもとに、幾つかの精油を提案し、
    その中からお客様自身で良い香りと感じる精油を選びとっていただきます。
    わからなければお手伝いをいたしますので、ご心配は要りません。
    ですが、嗅覚も五感の一つ。
    良い香りと感じる香りは、今必要な香りなのです。

    人間の体は、自然に必要なものを選びとろうとします。
    疲れた時に甘いものが食べたくなるのは、その疲労によって糖分が失われた時。
    嗅覚も同じなのです。
    ですから、精油の品質はとても大切です。
    特に、アロマトリートメント(マッサージ)では、希釈した精油をお体に塗布しますので、
    品質は重要になってきます。

    iloの精油は、ジャスミンアロマティークとマテリアアロマティカの2種類をメインに使用しています。
    原料植物や、栽培方法に徹底的にこだわった、有機栽培(オーガニック)もしくは、厳しい自然の中で自生している野生種(ワイルド)のみから採取した精油です。
    農薬に助けてもらわずに、厳しい環境の中で自分自身で身を守っていく力を持った植物から採取した精油は、パワーも香りも素晴らしいです。



    さて、この精油の作用は、3つのルートで私たちの体の中に取り込まれます。
    他の五感とはちょっと違ったルートを通ることで、感情に働きかけたりします。
    次回は、そのルートについて書きたいと思います!

    長文、お読みいただきありがとうございました。


    Instagram  

    ホームページはこちらから → アロマテラピーサロンilo
    Facebookはこちらから  →  Facebook


     
    いつもありがとうございます