マトリカリアとカモミール

2014.04.02 Wednesday

0
    お花のアレンジを習う事にしました。


    fragile(フラジール)というお花屋さん。

    サロンを始めて、お花を買う事が多くなり、
    選ぶお花が、いつも同じようだな〜と思うようになったのと、
    精油を知っていくと、植物そのものにも興味が出てきたというのと、
    フラワースターリストのさとうゆみこさんへの憧れと・・。

    そんな時にアレンジ教室の4月生募集の広告を、タイミング良く発見。
    アロマを勉強したいと思った時も、そうだった。
    タイミングが良いということは、縁があるということだと私は思っています。
    なので、迷わず申し込みました。

    始めてのアレンジは、バスケットアレンジ

    スプレーバラ・ガーベラ・スウィートピー・マトリカリア・コデマリ・天門草

    こうゆうタイプのアレンジは、今までの自分では、絶対にしなかったと思います。
    挿す順番やアウトライン、フォーカルポイントなど、なるほど!と勉強になります。
    最初にしては、まあまあではないのかと・・・(笑)

    ところで、マトリカリアというお花。
    カモミールかと思いきや、カモミールでは無いのです。

    一番の違いは葉の形。

    学名を見てみると、
    マトリカリアの学名は、Tanacetum parthenium
    カモミール・ジャーマンの学名は、Matricaria chamomilla 又は Matricaria recutita
    (カモミール・ローマンの学名は、Anthemis nobilis 又は Chamaemelum nobile)

    カモミール・ジャーマンの学名にあるマトリカリア。マトリカリア属の植物という意味です。
    マトリカリアは、タナセツム属になります。え〜どうして?ですよね。

    実はこのマトリカリアという名前は、園芸上のもので、正式には和名は夏白菊、英名ではフィーバーフュー。
    夏白菊は、以前は、マトリカリア属の植物でした。
    その時のなごりで、マトリカリアと呼ばれているそうです。

    ちなみに、両方とも、古くから薬草として用いられてきましたが、
    フィーバーフュー(マトリカリア)は「奇跡のアスピリン」と呼ばれ、偏頭痛や生理痛の痛みの緩和。
    カモミール・ジャーマンは、スキンケアや消化器のバランス調整。
    といった効能を持ちます。
    どちらも、ハーブティーとして売られています。カモミール・ジャーマンは精油もあります。
    よろしければ、お試し下さいね!


    ホームページはこちらから → アロマテラピーサロンilo
     Facebookはこちらから  → Facebook



     ア ロ マ サ ロ ン        いつもありがとうございます。